ブレーカーが落ちてしまう

 

エアコンは専用回路にて電源を取っています。

他の電気機器が影響してブレーカーが落ちるのは考えずらく、負荷がかかっているのはエアコンからの過電流が考えられます。

メンテナンスをおこなっていないエアコン(クーラー)は過負荷運転となり、

圧縮機・ファンモーターなどが最大値にて運転し故障します。電気料金も高くなります。

ELB(漏電ブレーカー)を使用していないブレーカーはメインブレーカーが一括して落ちる事があります。

この場合、どの回路にて漏電・過電流が起こっているのか調査が必要になります。

 

 

 

 

ブレーカーが落ちる原因と修理個所に関して

 

ELB(漏電ブレーカー)が落ちる場合はON/OFFの中間でレバーがプラプラの状態になって

ブレーカーが落ちます。大抵の場合この症状では漏電により、ブレーカーが落ちています。

 

①圧縮機の漏電

②クランクケースヒーター

③渡り配線の断線・ショート

④ブレーカー自体の故障

 

経験上、上記パーツでの漏電が8割程度をしめています。

圧縮機の絶縁不良等でブレーカーが落ちる場合、無理に運転をかけると

他のパーツが過電流で壊れてしまい、余分な修理費用がかかる場合があります。

ブレーカーが落ちた場合は無理な運転は極力避けたほうが無難です。

 

 

メインブレーカーの容量不足

 

電気系統合計の電気使用量(ピーク)が超えた場合もブレーカーが落ちます。

一気に設定温度を18℃にしたり、現在ついてるエアコンを全て回したりすると容量のピークでブレーカーが落ちます。

特に電気機器は起動時に電力がピークになる機器が多いです。

当社でもこのような事例でブレーカーが落ち、修理をしたお客様がいます。

修理項目はメインブレーカーの容量を上げるか、使用機器の設定温度、運転調整にて対応します。

 

台風・豪雨による電気系統の漏電

 

梅雨時期など一度に大量の雨が降る日は、建物の雨漏りなどで電気系統が漏電する場合があります。

雷によりブレーカーが落ちる事例も毎年、たくさんのお客様がいらっしゃいます。

上記の場合、火災保険での対応が出来る可能性があります。当社にご連絡ください。

 

お客様で出来る故障対応策

  • フィルター(室内機)の清掃
  • ホコリ・油汚れの抑制
  • 室外機熱交換機の清掃
  • グリルを開け、室内機のファン回り・パネル回りを掃除機で清掃する。(ブレーカーを切り、運転を止める)