エアコンから異音がする

 

異音といいましても、正常運転時の運転音と故障での異音があります。

故障だと判断する前に一度下記をご一読ください。

異音の原因

 

①室内機ファンモーターからの異音

②室内機ルーバーモーター・駆動部からの異音

③室内機ファンローターの破損・バランス不良

④室外機ファンモーターからの異音

⑤室外機ファンローターの破損・バランス不良

⑥室外機・圧縮機(コンプレッサー)の故障

 

ほとんどの音鳴りの原因は、駆動部からの音鳴りですが、上記の場合は部品交換が必要となってきますので

専門業者による修理が必要になります。その他、下記に記載している音鳴りもチェックしてみてください。

 

 

カタカタと音がする

 

室内機からの異音

  • 室内機のカバー類がちゃんと装着されていますか?
  • フィルターがちゃんと装着されていますか?
  • ファンローターにホコリが付着していませんか?

 

室外機からの異音

  • 室外機付近の物(バケツ・ほうき・植木鉢等)が室外機に接触していませんか?
  • 室外機の点検用カバーがちゃんと装着されていますか?

 

ポコポコと音がする

 

ドレン管(室内機の水を外に出す配管)から音がする事があります。

これは、高気密な住宅・マンション・事務所に多い事例ですが、気圧の違いによってポコポコと音がする場合があります。

修理対応策はドレン管にエアカットバルブを取り付ける方法があります。

空調機本体の故障ではありませんが、ドレン管の加工・エアカットバルブの取り付けが必要となる為、

専門業者にての施工が必要となります。窓を開けてみて音が止まる場合は上記施工をお勧め致します。

 

シューシュー ・ピシッ・パキッと音がする

 

これは冷媒ガスが室内機と室外機の間を冷媒配管をつたってガスが流れている音です。

機器本体の温度変化により膨張と収縮をした場合にピシッ・パキッと音がなります。

室内機・室外機共に通常運転時になる音で故障ではありません。