エアコンから水が落ちてきた・水漏れでエアコンが止まった

 

ある日突然エアコンからの水漏れが・・・そのような場合は以下のようなことが原因かと思われます。

予想される原因

 

①汚れによる排水不良(ホコリ・水垢・害虫の死骸・スライムの発生)

②ドレンパンの汚れ・スライムが発生し排水不良

③ドレン管の詰まり・排水不良  

④ドレンパンの破損(割れ)  

⑤ドレンポンプの故障・能力低下  

⑥フロートスイッチの故障

⑦天井裏の保温材の劣化・剥がれ・ドレン勾配が取れていない。  

⑧ドレンホースの破損・亀裂  

⑨建物自体からの水漏れ(躯体側から雨水などの侵入)

 

メーカーによりドレン異常にて保護装置が作動し運転自体を止めてしまいます。

店舗・事務所等、水漏れによって、運転しないエアコンでお困りのお客様はご連絡ください。

 

 

メンテナンスをおこなっていないエアコン内部はこんな状態になっています・室内機

 

 

 

メンテナンスを行っていない空調機内部は上記のような状態になっております。

改善策として、全てのパーツを取り外し、高圧ポンプ・専用洗浄剤により徹底的に洗浄を致します。

熱交換器の詰まりは過負荷運転となり電気料金にも影響があります。年間を通じての電気料金を

考えるとメンテナンスをされた方が、安くすむ場合もあります。その他、故障リスクの低減にもつながります。

 

ドレン管洗浄

 

ドレン管が汚れにより、詰まってしまった場合天井裏に入り、下記のように切断しそこから、

10K程度の高圧でドレン管内部の汚れを綺麗にする必要があります。

 

この作業でも修理ができない場合はドレン管自体の引き直し工事が必要になり高額な修理内容となってしまいます。

室内機の汚れ具合を点検し定期的にメンテナンスを行う事をお勧め致します。

 

 

  

 

 

汚れの影響で多種にわたる不具合が発生します。水漏れ・ドレン異常になる前に空調機の状態を把握し適切に対応する

事でエアコンの故障を未然に防止する事が可能です。年間保守提案もお任せください。