「ガスが漏れている」ってどんな状態?

 

エアコンの効きが悪い・・・(冷房が効かない)などの症状がある場合は

エアコンからガスが漏れている、もしくはガスが不足している場合があります。

 

エアコンは「フロンガス」が使用されていて、室外機の中でフロンガスが巡回することにより
出てくる風を冷やしたり暖めたりしています。

 

 

ではなぜガス漏れが起こってしまうのでしょうか。それは、以下のような原因が考えられます。

 

機械製造時でのミス

 

こちらの事例は滅多にありませんが、ガス漏れが考えられる原因の1つでもあります。

機械の製造時の工程の中で何らかのトラブルやミスが有るとガスが漏れてしまう可能性があります。

そのような場合は取り付けてから運転をしてすぐに異常が出るので、今までは使用できたということで

あれば考えづらいと思います。

 

取り付け時のミス

 

ガス漏れ報告でよく聞くのが新しく取り付けた時、買い替えた時のミスです。

エアコン移設を引っ越し業者や空調業者に依頼する人がほとんどだと思いますが、

「今までは普通に使えてたのに急に冷えなくなった」ということはありませんか?

 

これは工事中に起きている可能性が高いです。

エアコンを取り付ける時に、室内機と室外機を配管で繋ぐ作業の中でフレア加工というものを行います。

このフレア加工は経験が長い職人でないと、失敗する可能性が高くなります。

 

長年使用している場合の配管などの劣化

 

会社の移転などで次の場所でもエアコンを使う場合、配管は取り替えるのがお勧めです。

しかし、即設の配管をそのまま利用できる場合があります。(現場調査にて確認いたします)

 

これから暑くなるので、暖房から冷房に切り替える方は今の内にチェックしておくことをお勧めします。